2019年12月12日木曜日

収穫感謝祭クッキング!

金沢八景YMCA学童クラブ  収穫感謝祭・クッキングのご報告

12月5日(木)と6日(金)に収穫感謝祭のクッキングを行いました。
12月4日(水)に永島農園さんに行き、買ってきたお野菜を使って野菜スープを作りました。
(農園に行った際の様子は以前のブログ「収穫感謝祭 永島農園さんに行ってきました」をご覧ください。)

今回はにんじん・じゃがいも・たまねぎ・しいたけを使いました。
まずはそれぞれの野菜とソーセージを切ります。
低学年の子は固い野菜に苦戦していましたが、リーダーがコツを教えてあげると「できるようになった」と頑張っていました。
また、リーダーが助ける前に同じグループの高学年の子が手伝ってくれていました。




野菜が切れたら煮込んでいきます。鍋に水と野菜を入れ煮込み、味をつけたら完成です。

収穫感謝祭なので、みんなで野菜をくれた永島農園さんと神様に感謝を込めてお祈りをしてから食べました。
「美味しい!」「おかわりはないの?」と大好評でした。



またお家でも温かい野菜スープを作ってくださいね。

農園さんに行ったことやクッキングから、これからも食べ物と神様への感謝の気持ちを大事にしてほしいです。

(金沢八景YMCA学童クラブ 藤川 幸太朗)

2019年12月11日水曜日

学生による朗読会『金剛山のトラ』

金沢八景YMCA学童クラブ  朗読会のご報告⑤

関東学院大学学生の方々による第2回目の朗読会では韓国の有名な昔話「金剛山のトラ」bのお話でした。

母一人子一人で暮らす7才のユボギは、腕利きの漁師で弓の名人だったお父さんが、村のみなが恐れる金剛山のトラ退治に行き帰らぬ人となったことを知り、仇を討つことを誓います。ユボギはお母さんと山の神様の励ましを受け、十年間努力と修行を積み、縫い針の穴を射ぬける程の弓の名手となりました。逞しくなったユボギは金剛山へトラ退治に向かいますが、トラに喰われてしまいました。ところがトラのお腹の中で先に飲み込まれていた村の娘に会い、トラのお腹を内側から弓で射て二人とも無事に出ることが出来ました。そして見事トラ退治をしたユボギは その娘と結婚し幸せに暮らしたというお話です。


お話の後、みんなで韓国の「金剛山のトラ」と日本の昔話「桃太郎」、イギリスの「三匹のこぶた」のお話の三つで、目標を達成するために主人公はどうするかを比べてみました。

韓国の話では、修行を積み自分を鍛え試練を乗り越え達成します。日本の「桃太郎」の話では、吉備団子をあげて仲間となった仲間の力を借りて鬼退治に成功します。イギリスの話では、藁の家、木の家の失敗を経てレンガの家でオオカミから逃れることが出来、兄弟三匹で暮らします。
昔話の中に、国によって目標達成の為のプロセスに異なる考え方や特色が表れていることに気づいた朗読会となりました。

「金剛山」は昔からの観光名所ですが、その位置は現在北朝鮮に在るため、韓国の人々は訪れることが出来ない場所だということです。

世界中に平和が訪れることを祈ります。


                 (金沢八景YMCA学童クラブ みずりんリーダー)

2019年12月9日月曜日

世界こどもの日!

金沢八景YMCA学童クラブ  世界こどもの日の取り組みのご報告

1989年11月20日、すべての子どもに人権を保障する初めての国際条約、『子どもの権利条約』が、国連総会で採択されました。
毎年11月20日は、“世界こどもの日”となっています。


 学童では、子どもたちと一緒に『子どもの権利条約』を確認しました。
“どんな権利があるのだろう?”
4名のお友だちがヒントを出してくれました。
学童に掲示されているので、たくさんのお友だちが知っていました。



世界中の子どもたちの権利が守られますように。


                    (金沢八景YMCA学童クラブ 佐藤 泰乃)

ぶどう日記165

【毛糸あそび】・金沢八景YMCA保育園



毛糸を割箸にまきまき♫



できたよ~!


子どもたち、ただいま毛糸遊びブームです!
この他にも段ボールで機織機を作って色々編んでます


                   金沢八景YMCA保育園
                        渡邉

2019年12月7日土曜日

お泊り会2日目

【お友だちと寝れたよ】・金沢八景YMCA保育園

昨夜21時半からぐっすり寝ていた子どもたちが目覚めたのは朝7時!
寝ることなんと9時間半!お家よりも長く睡眠とっていたひつじぐみさん。
シーツや、靴など持ち帰るものをまとめたあとは、ご飯の時間まで自由時間です。

ピタゴラスをしたり、なんだか会議をしていたり…
のんびりした2日目を迎えることができました。
そして、朝ごはんができましたー!みんなのリクエストメニュー!

協力して配膳しました。


メニューは
ごはん、納豆、鮭、ウィンナー、サラダ、お味噌汁、ぶどう、りんごでした♫




朝ご飯を食べた後はみんなでクッキーを作りました。









とっても上手に型抜きできたね☆

今回はプレーンとココア味の二種類の生地を用意しました!
先日の収穫感謝クッキングでも野菜の型抜きをしたひつじぐみさんなので、
クッキーの型抜きはもう簡単♪
1人5枚くらいと話していたけど、夢中になって10枚以上作っている子もいました。

焼いている間は、ラッピング袋にペンで絵や字を書いたり、
シールを貼ったりしていきました。完成したらママやパパにプレゼントするので
思い浮かべながら一生懸命作りました♪

ママの好きな色はピンク!

何を描こうかな~??

ここにシールを貼ったらどうかな?と
お友だちとも相談しながら
焼きあがると、ランチルームにはおいしそうなにおいが!
思わずみんなで味見しました!


すっごくおいしい♡♡


そしてママ・パパとの再会の時間…


作ったクッキーを「いつもありがとう♡」の言葉を添えて渡しました。
とっても喜んでくれてうれしかったね。

この2日間でまた一歩大きくなった子どもたち。来年のキャンプが今からとっても
楽しみですね♪

子どもたちを笑顔で送り出し、様々な準備をしてくださった保護者のみなさま
ありがとうございました。

                      金沢八景YMCA保育園 
                           渡邉

ひつじぐみお泊り会

【たくさん遊んだよ!】・金沢八景YMCA保育園

11月29日~30日にひつじぐみ(4歳児)の待ちに待ったお泊り会を
しました。この日のために事前に作っておいたおそろいのTシャツを着て
「よこはまこどもの国」へ出発!
タイダイ染めのTシャツ!

バスの中ではログブックを見ながら、キャンプソングやアニメソングを歌いました。
もう来年のキャンプは完璧かな??



こどもの国に到着し、まず最初に向かったのは動物とのふれあいコーナー!
ここではうさぎやモルモットとのふれあいをしました。はじめは「怖い」と
言っていた子も少しずつ距離を縮めて触ることができました。

まずはポニーがお出迎えしてくれました!
エサをくれると思ってどんどん近づいてきます
モルモットはとっても大人しかったね

お次はキュービックランドへ。複数の立方体(キュービック)の中を
縦、横、斜め、下に進む立体迷路となっており、美味しいお弁当を食べた後
みんな一目散に走り遊びまわっていました。

やっほー!!

どっちだ?どっちだ?

次にやってきたのはおとぎの広場。ここには子どもたちが大好きなちょっと長い
すべりだいがあり、何度もすべって遊んでいました。
スピードもあるのでスリル満点でしたよ☆彡

すべりだいの入り口まであと少し!

勢いがよすぎてこんな格好になっちゃいました(笑)

最後は「タイムトラベル」という遊具広場へ行き、子どもたちが大好きな
恐竜時代にタイムトラベルしてきました。




 そして園内を走る「あかポッポ号」にも乗りたいお友だちと、遊具で遊んでいたい
お友だちと別れて過ごしました。

園内2.4キロを30分かけて一周します。

こどもの国を後にして向かったのは金沢区六浦にある銭湯。常連のお客さんと
おしゃべり!みんなで一緒に入るお風呂は格別でした♫


そして保育園に戻ったあとはお楽しみの夕飯!リクエストメニューの
ハンバーグカレー&サラダ&スープ&みかんでした。

食べたあと、当日(29日)がお誕生日のお友だちの
お祝いをしました!!

リーダーたちと一緒におしゃべりしながら食べた後はちょっと一休みの製作を。
おそろいのキーホルダーを作りました。

みんなでおそろい♫リュックに付けました!

最後はみ~んなが熱望していた「焼きマシュマロ」食後のデザートも最高でした。

ず~っと焼きマシュマロがやってみたくて
楽しみにしていた子どもたち!念願のマシュマロです!


ご飯も食べて、マシュマロも食べてもうお腹いっぱい!
そろそろ寝る時間です。午睡室に大きなテント(大人が8人くらい寝られる)を
2つ張って自分の好きな方に布団を敷きました♪
これもみんながやりたかったこと!

このあとぐっすり、、、いい夢見てね♪

                         その②へつづく…

2019年12月5日木曜日

学生による朗読会『おさいふのかみさま』

金沢八景YMCA学童クラブ  朗読会のご報告④

関東学院大学学生の方々による秋の朗読会が始まりました。
今回は「おさいふのかみさま」というお話です。


おばけのばけばけは、ママおばけにおじいさんが大切に使っていた財布と100円のお小遣いをもらい、無駄遣いしないで使うよう言われます。ばけばけは商店街に向かうと色々な物が欲しくなります。その度に財布の神様が現れ、それは本当に欲しいものかを問われ、悩んだ末に安くて沢山買えるものを選びみんなで分けました。


お話の後、“お金をどう使うべきか”というテーマに沿って、
「お小遣い1000円をもらったとき、2000円のゲーム、500円のケーキ、300円の花束、100円のお菓子、ジュースをどのように組み合わせて買うかを考えよう」という課題に、本当に欲しいものは何か、各自真剣に考えていました。

「一番欲しい物はゲームだから、次のお小遣いまで使わずに貯めておく」という子や、「お母さんの誕生日のプレゼントに花束とケーキを買う」という子、「妹にお菓子を買う」という子、「今欲しい物がないから半分だけ使って残りは貯金する」という子等、色々な答えが返ってきました。

無駄遣いをしないことや、誰かの為に使うという思いやりを持つことなどを楽しく考えてみることができました。


冬休み、クリスマス、お正月、きっと普段より多いお小遣いをもらった時、「おさいふのかみさま」のお話を思い出してくれるといいなと思います。

        (金沢八景YMCA学童クラブ みずりんリーダー)